キャンプの事について詳しく紹介しています。
 

アウトドアといえばキャンプ!

 

キャンプ道具の必需品

キャンプに行きたい!と言っても、初めは何が必要なものなかわからない事も
あると思います。そこでここでは必要となるキャンプ道具について紹介していき
たいと思いますのでキャンプにいく際に、ぜひ参考にして下さい。

 

テント

キャンプと言えば必ず必要なものはテントです。一番重要でこだわりたい道具に
なります。 居住性の高いロッジ型、設営が簡単に出来るなドーム型などがあっ
て、それぞれどんなキャンピングライフにするのかで変わります。
ファミリーキャンパーの多くはドーム型を使っていることが多いです。
数千円から10万以上もする高価なものまでたくさん種類はありますが、数年使う
ことを考えますと、ある程度、耐久性があって丈夫なものの方がいいです。
サイズに関しては、人数+1くらいが荷物も置けるのでおすすめです。

 

タープ

強い日差しや雨をさえぎってくれて、快適なリビングをつくるのがタープです。
スクリーンタイプのものなどもありますが、初めて購入するのであればヘキサ
タープがおすすめです。 軽いので持ち運びがらくですし、開放感があって気持ち
よく、簡単に設営することができます。天候によりますが、タープもないほうが
日光を浴びて気持ちよい場合もあります。色々試してみて下さいね。


シュラフ(寝袋)

お子さんも連れてのキャンプでは封筒型がおすすめです。夏しかキャンプに行か
ない方なのであれば、厚手のものはかさばってしまうので、中綿1,300gあたりの
ものがいいです。
購入する時間が無いときは、家庭にある毛布や布団でも十分代用できますので
安心して下さい 。マミー型もおすすめで、少し価格が高いですが、収縮性があっ
て、寝返りも比較的自由にできますので、ぐっすりと寝ることができます。

 

テーブル

用途に分けていくつか必要になってくるときがあるとは思いますが、最初のテー
ブルは4人が席につけるもがあれば、十分だと思います。
裏技としては、荷物を入れるコンテナやクーラーボックスもテーブル代わりにな
ります!

 

チェアー(椅子)

やっぱり座り心地がよいものがいいですよね。あとは収納のことも考えて購入す
のも大事です。 コンパクトになる中央で折りたためるのもが人気です。

 

クーラーボックス

飲み物や食べ物をしっかり保冷するのにかならず必要です! 材質やメーカーに
よっては保冷効果がけっこう違ってくるんです。
最初の一つはハードケースで人数分が入る大きさのものを用意すれば十分だと
思います。保冷剤も忘れずに数日前から冷凍庫に入れておきましょう。

 

ジャグ

キャンプ場では炊事棟から離れたところにサイトを設営しないといけない場合もあり
ますので、水入れを用意しておきます。収納タイプもありますが、水が減ったときに
使いづらくなってしまいますので、蛇口の付いているものがおすすめです。。

 

ランタン

大きく分けると、ガスカートリッジタイプとガソリンタイプがあります。 ガスタイプの
ほうが着火などしやすく、自動なのでお手軽なのですが、燃料のからになった
カセットが残るので、荷物になってしまいます。また、コストも若干ガスタイプのほ
うがかかります。いずれにしてもランタンとバーナーの燃料を統一した方が楽です。
電池式のものはお手軽で、燃える心配も無いのでテント内やスクリーンタープで
使うのがおすすめです。

 

クッキングセット、その他雑貨

お鍋ややかん・フライパンなどはどこの家庭にもあるものですよね。とりあえず
家から持っていきましょう。 自分で必要なもの、利用できるものを判断してゆっ
くりと購入します。キャンプ専用のものはコンパクトですが、やっぱり使い慣れ
た家で使っているもののほうか良いと思います。
また、保冷効果の付いた弁当箱をお持ちなら、キャンプで余った食材を持ち帰れるので経済的です。
次のものがあると便利!
まな板・包丁・お玉・さい箸・しゃもじ・栓抜き・缶切り・鍋・フライパン・やかん・
皿・カップ・箸・ナイフ・フォーク・スプーン・洗剤・スポンジ・ふきん・ライター

 

レインウエア

かっぱがあればそれを使ってください。無ければウインドブレーカーでも代用
出来ます。本当は必需品なので、数回のキャンプの経験から自分にあったメーカ
ーのものを購入しましょう。

recommend

遺産・相続について岐阜県内で依頼
http://www.tsuchidaoffice.com/

2017/6/5 更新

Copyright (C) アウトドアといえばキャンプ!  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです